hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

竹久夢二

21 7月

竹久夢二伊香保記念館での「夏の縁」が終了いたしました。

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

本日7月21日、伊香保温泉にある竹久夢二伊香保記念館での「夏の縁」が無事に終了いたしました。


(オモテ)筝曲コンサートチラシ最終原稿


伊香保は、酷暑の前橋よりも気温が低く、
また竹久夢二伊香保記念館は敷地内の木々の効果で、涼しく感じました。

「大正ロマンの館」の中にある「夢二ホール」は、全体に満遍なくお客様がお入り下さいました。
前売りを買って下さったり予約して下さったりした方の他にも、偶々夢二記念館にいらして、参加して下さった方もいらっしゃいました。

今回の発想の元となった竹久夢二の詩を読み、
その世界から連想した「黒髪」の演奏を始めると、
皆様の意識が演奏に集中して下さるのを感じました。

その後は、真面目に、そして時にちょっと笑いありの約90分となりました。

「夢二ホール」は木をふんだんにつかった内装です。
ですので、声がとても良く通ります。
また、お三味線の音も、小さい音もお客様に届きます。
日本の音を聴いていただくには、うってつけの場所です。

この場所で、日本の音を皆様に聴いていただく機会をいただき、大変光栄です。
また、夢二記念館の皆様のあたたかい丁寧な対応にも感謝申し上げます。

そして、今でも多くの方に影響を与える竹久夢二の生き方に、
益々興味が沸いております。

やればやるほど、課題が見つかります。
また、日々精進して参ります。

DSC_1080

DSC_1092

DSC_1094




□公演日程□
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちら

◇下記公演については、決定次第お知らせいたします◇
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)     
17 4月

4/16「陽春に想ふ」のご報告

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

昨日4月16日は、「竹久夢二伊香保記念館箏曲コンサート 陽春に想ふ」で演奏させていただきました。
この日は、前橋市内や各所でイベントやマルシェなどが開催されいてたのですが、顔を出せず、、、

竹久夢二は伊香保を愛し、たびたび訪れ、縁の作品を残しております。また、「榛名山美術研究所」の構想を持ち、伊香保と近い榛名湖畔に、アトリエを建設しました。

そんな夢二ゆかりの地、伊香保には、「竹久夢二伊香保記念館」があり、「黒船屋」をはじめとする貴重な夢二作品が収蔵されております。敷地は自然にあふれ、こだわりの建物群の中は大正ロマンの雰囲気に満ち、そして調度品やオルゴールが彩りを添えています。

縁あって、記念館内の「夢二ホール」にて演奏をさせていただくこととなりました。

季節にちなんだ曲、群馬出身で夢二と同時代を生き、伊香保にも訪れていた萩原朔太郎の関連の曲、夢二と同い年の中田章の曲などを選曲させていただき、最後は夢二作詞の「宵待草」をみなさんで歌いました。

会場の「夢二ホール」は、普段は貴重なアンティークオルゴールを1時間に一回演奏しているのですが、大変響きの良い空間で、この日もお箏の音が、隅々まで響き渡りました。また、アンコールでは歌付きの曲を演奏したのですが、声もよく響きました。今後、コンサートなどにも活用していくということで、この空間でどんな音が紡がれていくのか、とても楽しみです。

客席には、夢二ファンの方が大多数でしたが、親戚の方や、長くお付き合いのある方などもちらほらいらっしゃり、ステージ上からそのお顔を見つけ、ちょっとびっくりしました。
約1時間でしたが、伊香保の爽やかな空気を楽しみながらの時間でした。

竹久夢二伊香保記念館は、敷地内にあふれる爽やかな空気や、職員の方たちの礼儀正しくもよそよそしさを感じさせない対応が素晴らしいです。ぜひ、伊香保にお出での際には、お立ち寄り下さい。
ホームページはこちら

41
ホールのステージ上には、大正時代に作られたスタンウェイとベーゼンドルファーがいます。
逆光ですいません、、、

03
ホールの床は寄せ木細工。暖かい雰囲気に包まれています。



 
8 12月

来年の演奏予定を発表いたします

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

 

12月になり、寒さが増してきております。みなさま体調はいかがでしょうか?私も帰宅時の手洗いとうがいは欠かさず行い、風の予防に努めております。

 

来年、平成29年の自主企画の演奏予定がほぼまとまりましたので、発表させていただきます。各コンサートのチケット予約などは、改めてお伝えします。また、チケットの予約をホームページから行える様に、現在準備中です!

 

3月4日(土)きものでおことサロン

・場所:PLUS+アンカー(桐生市本町6丁目)

・昼の部:開場1330・開演1400・2,500円(ワンドリンク付き)

・夜の部:開場1700・開演1730・3,500円(終演後のパーティー付き、ドリンク別)

・出演:鈴木創(箏)・牧原笳童(尺八)
・予約お問い合わせ:PLUS+アンカー 080-1152-0083 

・毎月第一土曜日は、桐生市では骨董市と、「着物スタンプラリー」が行われます。そういった企画と連動した企画で、古民家を改築したカフェで、おことや三絃・尺八の音を楽しんでいただこうという内容です。PLUS+アンカーさんでは、「きもの女子会」などを開催されておりますが、参加者からは、「日本文化をもっと体験したい!」という声があるそうです。ですので、楽器の歴史や材質などの基本的な説明から、曲も有名な曲から古典・現代曲まで取り揃え、箏曲の全体を俯瞰できるようにしております。 

 

4月21日(金)「音が繋ぐ世界」ー春と朔太郎をうたうー

・場所:cosmiccafe&restaurant(前橋市小相木町756)

・時間:食事開始1800、開演1930

・料金:6,000円(食事・ワンドリンク付き)

・出演:鈴木創(箏)・高橋季絵(ソプラノ)・大竹温子(ヴァイオリン)

・前橋市の南部大橋の際に、隠れ家的なレストランがオープンしました。ひっそりとしているのですが、自然溢れる敷地にたたずむモダンな空間は、森にたたずむ都会のオアシス。庭からは、雄大な利根川と赤城山を眺めることができます。ライトアップされた庭を眺めながら、こだわりの料理に舌鼓を打ち、音楽をお楽しみください。箏とヴァイオリン、そしてソプラノの3人により、春や地元の詩人萩原朔太郎などをテーマにした曲を中心にお送りします。

 

9月3日(日)伊香保で夢二をうたう

・場所:松本楼別館「ぴのん」内「夢味亭」

・時間:開場15時・開演15時30分

・料金:3,000円(ケーキ・ドリンク付き)

・出演:鈴木創(箏)・高橋美緒(ピアノ)・高橋季絵(ソプラノ)

・大正ロマンを代表する芸術家、竹久夢二は、伊香保を愛し、そして、亡き人の面影を 重ねて榛名山を描きました。また、「榛名山美術研究所」設立構想に基づき、榛名湖畔にアトリエを設立。 夢二の誕生日の9月16日にちなみ、所縁の伊香保の地で、夢二や榛名・伊香保を中心とした曲を奏でます。「大正ロマン」にふさわしく、和洋の音を取り混ぜ、ソプラノ・ピアノ・箏の音をお届けし、会場も大正ロマンの雰囲気あふれる「夢味亭」です。

 
シリーズ:地唄箏曲を愉しむ 

昨日のブログにも書きましたが、来年は江戸時代に作曲された古典曲に力を入れてきます。さまざまな音が溢れる現代では、「わからない」「何を唄っているのかわからない」「眠くなる」などと言われることが多い古典曲ですが、100年以上受け継がれている曲には、日本人の心の根源に触れる魅力があると考えています。その魅力をお伝えしたいです。群馬県内の、前橋・高崎・桐生の三都市で「地唄箏曲を愉しむ」と題して開催します。

6月18日(日)山徳記念館(高崎市石原町)

8月24日(木)賀門(前橋市敷島町)

9月17日(日)PLUS+アンカー(桐生市本町)

※3会場は、同内容を予定しております。

私たちが携わっているお箏・三絃の元をたどると、京都や大阪の「お座敷芸」にその一つのルートがあり、「地唄」と呼ばれています。江戸時代に入り平和な時代となると、江戸で歌舞伎などが発展し、その伴奏として「長唄」が生まれ、華やかな舞台芸ができてきます。みなさんも、ステージの上に、唄・三絃・笛・鼓などのみなさんが並んだ華やかな演奏を聴いたことがあるかと思います。

私どもの流派で受け継いでいる「地唄」はお座敷芸の流れですので、どちらかというと、大きなホールよりも、小さな会場が適していると考えております。ですので、「地唄箏曲を愉しむ」は、庭園が綺麗な日本家屋や、古民家を改装した飲食店など、本来の「地唄」の距離感で音をお伝えできる会場としました。

 
歌詞の説明や曲の成り立ちなど、少しでも曲の魅力をお伝えできるよう、内容を工夫して行きます。また、それと同時に演奏の準備にも全力を尽くして行きます。ぜひ、地唄箏曲の音をお楽しみ下さい。
 

・各コンサートのチラシなどが完成しましたら、予約方法などを含め、改めてご案内差し上げます。

・出張演奏、随時受付中です!お気軽にお問い合わせ下さい。

・各種お問い合わせは、

  電話:027-212-7284

  メール:info@hajime-koto.jp

 

ギャラリー
  • 今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ
  • 今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ
  • 雨が強くなる前に用事を済ませた1日
  • 雨が強くなる前に用事を済ませた1日
  • 雨が強くなる前に用事を済ませた1日
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • ライブドアブログ