hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

竹久夢二伊香保記念館

22 7月

合奏練習と上毛新聞と9月15日

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

本日7月22日は、東京都新宿区にある、宮城派の拠点「宮城道雄記念館」にて、
箏曲宮城会全国演奏会の合奏練習でした。
3時間ほど、ほぼぶっとおしで、ご宗家自らのご指導。
そして、尺八の山本邦山先生もご参加でした。
さすがに、ちょっと疲れました。。。。

本日の上毛新聞に、昨日の「夏の縁」の様子を紹介していただきました。

300722上毛


また、9月15日に足利市で開催の「日本の音を愉しむ」のページができましたので、
こちらからご覧になって下さい!


□公演日程□
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちら    
21 7月

竹久夢二伊香保記念館での「夏の縁」が終了いたしました。

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

本日7月21日、伊香保温泉にある竹久夢二伊香保記念館での「夏の縁」が無事に終了いたしました。


(オモテ)筝曲コンサートチラシ最終原稿


伊香保は、酷暑の前橋よりも気温が低く、
また竹久夢二伊香保記念館は敷地内の木々の効果で、涼しく感じました。

「大正ロマンの館」の中にある「夢二ホール」は、全体に満遍なくお客様がお入り下さいました。
前売りを買って下さったり予約して下さったりした方の他にも、偶々夢二記念館にいらして、参加して下さった方もいらっしゃいました。

今回の発想の元となった竹久夢二の詩を読み、
その世界から連想した「黒髪」の演奏を始めると、
皆様の意識が演奏に集中して下さるのを感じました。

その後は、真面目に、そして時にちょっと笑いありの約90分となりました。

「夢二ホール」は木をふんだんにつかった内装です。
ですので、声がとても良く通ります。
また、お三味線の音も、小さい音もお客様に届きます。
日本の音を聴いていただくには、うってつけの場所です。

この場所で、日本の音を皆様に聴いていただく機会をいただき、大変光栄です。
また、夢二記念館の皆様のあたたかい丁寧な対応にも感謝申し上げます。

そして、今でも多くの方に影響を与える竹久夢二の生き方に、
益々興味が沸いております。

やればやるほど、課題が見つかります。
また、日々精進して参ります。

DSC_1080

DSC_1092

DSC_1094




□公演日程□
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちら

◇下記公演については、決定次第お知らせいたします◇
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)     
20 7月

明日21日は、竹久夢二伊香保記念館です!

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

毎日暑い日が続いておりますが、明日7月21日、ちょっと涼しい伊香保温泉の「竹久夢二伊香保記念館」で演奏させていただきます。
時間がある方、大正ロマンあふれる雰囲気の中で、日本の音楽を楽しんでみませんか?

明日21日の午前10時までにメッセージをいただければ、
当日取り置きの扱いで準備させていただきます。

前売り券の価格、2,000円で大丈夫です。
なお、この金額で、夢二記念館の観覧もできます!

開演:14時(演奏時間:約1時間半)

(オモテ)筝曲コンサートチラシ最終原稿


□公演日程□
7月21日:夏の縁(竹久夢二伊香保記念館)詳しくはこちら
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちら

◇下記公演については、決定次第お知らせいたします◇
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)    

   
11 7月

7月21日竹久夢二伊香保記念館の演奏曲目です

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

7月21日竹久夢二伊香保記念館での「夏の縁」まで、ちょうど10日となりました。

今日は、演奏曲目を紹介させていただきます。

今回のコンサートの打ち合わせのために竹久夢二伊香保記念館にお伺いした時に、一冊の本がありました。
何気なく手に取り、ページをめくると、一つの詩が目に止まりました。
その詩が私の頭の中に思い起こさせてくれた世界は、地歌「黒髪」と共通する世界でした。

ですので、その「黒髪」から始めます。

それがどの詩なのか、そして、どんな世界なのかは、当日お話しをさせていただきます。
一言で言えば、「男女の物語」。
それは、時が経てども変わらぬ、人類の永遠のテーマ。

そこから、「夏の縁」というコンサートタイトルが浮かんできました。

地歌といえば、廓で働く女性の心を描いた「廓物」があります。
その中から、私が今年力を入れている「新娘道成寺」を次に演奏いたします。

「黒髪」も「新娘道成寺」も、江戸時代の地歌物。
お三味線で演奏いたします。

その頃のお箏の曲の代表として、次に「六段の調」をお聴き頂きます。

明治維新後の日本で、江戸時代の音楽を基礎として西洋文化の影響を咀嚼した音楽を確立した宮城道雄先生。
その作曲作品から2曲。

一曲目は「輪舌」
これは、「六段の調」「乱」などの「段物」の影響を受けております。
まさに、江戸と明治の縁を表現する曲。

二曲目は「むすびの神曲」
神戸にある生田神社からの依頼によって作曲された、三三九度の際の音楽。
まさに、「縁」の象徴とも言える曲です。

ここまで、江戸から昭和へと時間が経過しました。
とうとう平成の曲。

「千鳥変化」という、江戸時代の「千鳥の曲」をベースにつくられた、現代の独奏曲です。
この曲は、いはば江戸と平成をつなぐ曲でしょう。

そして最後は、竹久夢二の代表作でもある「宵待草」を皆さんで歌い、終演となります。

そして会場は、大正ロマンの雰囲気あふれる、竹久夢二伊香保記念館のホールです。
是非皆さん、会場にお運び下さい。

コンサートの入場料2,000円で、竹久夢二伊香保記念館も見学できます。
さらに、保護者同伴で、中学生以下は無料となります!!

予約はこちらから!
または、027-212-7284にお電話を!

(オモテ)筝曲コンサートチラシ最終原稿

(ウラ)筝曲コンサートチラシ最終原稿



□公演日程□
7月21日:夏の縁(竹久夢二伊香保記念館)詳しくはこちら
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちら

◇下記公演については、決定次第お知らせいたします◇
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)       
4 6月

次へ向けて

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

昨日6月3日は、桐生市で下合わせでした。
「阿波の風」という、阿波踊りを題材とした曲で、一部に鳴門の渦潮を感じさせる曲です。
パートは全文で6パート。私の担当は「三絃A」です。
私は現代曲はあまりやらないのですが、この曲の雰囲気はけっこう好きですね。

2018-06-03 20.43.35


私は本番まで昨日の一回しか下合わせに参加できないので、この一回で全体の感じをつかむべく、集中して取り組みました。
曲の作りから、普段の地歌の弾き方とは異なるお三味線の弾き方をする必要があります。
本番まであまり日がないので、声をかけて下さった皆様にお役に立てるようにします。

そして、今日の上毛新聞に、こんな記事が。
300603上毛

そう、6月16日の「日本の音を愉しむ」をご紹介して下さいました。
6月2日の「箏×Flute」を「洋」とすると、こちらは「和」の世界です。
ぜひ、お出でいただき、日本の音をお楽しみ下さい。

そして、6月20日は、伊勢崎市のCafePlere文化邸での、
「Japonism...音を愉しむ」
です。

「箏×Flute」が終わっても、すぐに次に向けて走り出しました。
こんな日々が、大変だけど、とても遣り甲斐があります。


公演日程の詳細を、使いしました。
7月21日の「夏の縁」が予約できるようになりました。

◇公演日程◇
6月16日:日本の音を愉しむ(PLUS+アンカー、桐生市)詳しくはこちら
6月20日Japonisum...音を愉しむ(Cafe Prele 文化邸、伊勢崎市)詳しくはこちら
7月21日:夏の縁(竹久夢二伊香保記念館)詳しくはこちら

◇下記公演については、決定次第お知らせいたします◇
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市) 
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市)       
ギャラリー
  • JASRAQのオンライン申請
  • JASRAQのオンライン申請
  • 小学生の職場見学
  • 合奏練習と楽譜作成
  • 合奏練習と楽譜作成
  • 車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。
  • 車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。
  • 車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。
  • 今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ
  • ライブドアブログ