hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

箏の音に夢のせて

19 4月

とうとう明日!4月20日「箏の音に夢のせて」

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

以前から知らせをさせていただいておりました「箏の音に夢のせて」が、とうとう明日となりました!

今まで、主な演奏曲目を紹介させていただきましたが、
・笙と鼓の演奏
・客席で尺八を演奏する「春の海」
・小学生と中学生を中心とした童曲
・箏と笙を伴奏にした歌曲
・望月太左衛先生のお話
など、盛りだくさんの内容となっております。

当日券の販売もあります

急に時間ができた方
やっぱり行ってみようと思い立った方
是非お待ちしております。

また、会場の駐車場ですが、小ホール専用駐車場は詰め込みとなります。
お時間に余裕を持ってご来場下さい。

会場でお会いできることを楽しみにしております!

夢チラシ2019 1

17 4月

4月20日演奏曲目紹介その4「水の変態」

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

シリーズでお知らせしている、4月20日「箏の音に夢のせて」の演奏曲目の紹介です。

今回は、「水の変態」

「変態」という言葉は、一般的には「おかしな人」みたいなイメージもありますが、「形態を変えること」という意味もあります。例えば、虫が幼虫から成虫に姿が変わることなどですね。

「水の変態」は、水がいろいろな天然現象となって姿を変えることです。
例えば、雨・霧・雲・雪・霰など。

この曲の歌詞は、その霧・雲・雨・雪・霰・露・霜にちなんだ7首の連作短歌です。
それぞれの形態の様子と、それを表す歌の雰囲気を、箏の手で表現しています。

とても難曲で、弾きこなすには相当の技術が必要です。

そんな難曲なのですが、作曲者宮城道雄先生がこの曲を作曲したのは、なんと満14才の時だったんですね。

当時家庭の事情で、日本統治下の朝鮮半島に住んでいた宮城道雄師は、習うべき先生もなく、すでに習っていた曲の反復練習だけでは飽き足らなくなったんです。
そんな折り、弟さんが学校の教科書で読んでいる詞を聞き、それに興味をもち、作曲しました。
その詞が、この曲の歌詞になっています。

約1ヶ月かけて作曲されたという記録が残っていますが、わずか14才の少年が、もっと学びたい、成長したいという想いをすべてぶつけた曲に感じます。背伸びしたのかもしれません。宮城先生の作品の中でも、一二を争う難曲です。

今回は、主催の先生と、もうお一人での合奏です。
私もお聴きするのがとても楽しみです。

夢チラシ2019 1


 
12 4月

4月20日の演奏曲目紹介その2「名所土産」

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

4月20日の「箏の音に夢のせて」の演奏曲目紹介第二弾です。
今回紹介するのは「名所土産」です。

玉塚検校作曲と言われている、江戸時代に作曲された大坂系の地唄です。

旧暦の水無月6月に、奈良に旅に出て、名所を見て回ります。

奈良坂を超えて奈良に入り、東大寺の大仏や龍田山、三輪山や春日大社、そんななか夕立に降られてみたり、三笠山や月や七瀬で名高い飛鳥川、宇治川の向こうに女性が脛をだして布をさらしている姿、そんなことを歌い上げます。

そしてそれらを見た旅人が、「家に帰ったら土産話をしよう」という思いながら、曲が締まります。

演奏は、お三味線を主として、お箏と尺八が加わります。

今回は特に、部分部分に「地」という主なメロディとは異なる手が入り、三部合奏が四部に変化します。
「地」を弾く演奏者も次々と入れ替わり、音の出所が右に左に変化します。

また、歌も一人で歌うところ、女性のみで歌うところ、全員で歌うところ、と歌い分けがされております。

三味線を中心とした日本の音楽の面白さ、それを表現したいですね。

夢チラシ2019 1


 
10 4月

箏の音に夢のせて、上毛新聞に紹介していただきました!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日の当地前橋は、朝は雨でしたが、次第に雪に変わりました。
積もる程ではないですが、寒い一日となりました。
念のため、外出の予定を取りやめました。

さて、昨日の上毛新聞に、4月20日の「箏の音に夢のせて」を紹介していただきました。

310409上毛

 
先日、本番前最後の合わせがあったのですが、厳しいご指導でした。
本番まであと10日ですが、次の次元の演奏をできるよう、ぎりぎりまで頑張ります。


チケット、まだあります!
どうぞご来場下さい!!

夢チラシ2019 1

 
27 3月

上毛新聞に紹介されました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

4月20日に昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)で開催される「箏の音に夢のせて」ですが、本日上毛新聞のパレット欄に掲載していただきました!


310327上毛


 最後の曲目「大和の春」について、「古事記・日本書紀から語り継がれてきた大和朝廷平定までの絵物語を題材」と、とてもこの曲の特徴をうまく表現して下さっております。

「大和の春」は、邦楽器によるオーケストラ的な構成となっており、で箏・十七絃・尺八・打ち物など、多様な楽器が奏でられます。

その他にも、雅楽の 「越天楽」を題材にした合奏曲「越天楽変奏曲」もあり、その曲では笙の音色も楽しめます。

いろいろな和楽器を楽しめる2時間です!!
ぜひご来場下さい!

チケットご予約は、こちらまで! 

夢チラシ2019 1
 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ