hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

黒崎喜子

27 9月

半年ぶり足利市での演奏が終わりました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

ブログでもお話しさせていただきましたが、名草イワナパークでの「夏の名残の和楽器演奏会」が無事に終了しました。

屋外での演奏ということで、天気が大変心配されました。
前日は降ったり止んだり。
当日もたまに霧雨の様な小雨が。
会場に向かう車もけっこうワイパーを使い、一時的には雨が止んだものの、会場に近づくにつれてまた雨が降ってきました。

おまけに、けっこう会場が山奥と言うこともあり、道幅も徐々に狭くなり、「本当にここでいいの?」という不安な気持ちも増してきました、、、、
さらに、最後の曲がり角に気づかずに直進してしまい、ナビの画面に「〇〇峠」と表示されるほどの山奥に入ってしまったし、、、

なんとか無事に会場に着き、セッティング開始。
リハーサルの時には徐々に雨もあがり、やがて空も明るくなってきました。

最初に、足利市を拠点とする和太鼓集団「黎明座」のメンバーが、会場を練り歩き、そして特設ステージで演奏。会場にいらした皆様の注目を集めていました。

2020-09-27 12.04.57

2020-09-27 12.11.30

その後、箏曲の順番。
私共は二組目。

最初が山田流黒崎喜子さんのソロ、その次に私のソロ、最後に私共二人の合奏。
合奏は、「春の海」の合奏を演奏しました。
今回の「春の海」は、尺八のパートをお箏にアレンジしたパートを黒崎さんが演奏するというバージョンで、私も初体験でした。

702F9111-1F9F-4E43-B371-19E56E4C3FCD

そしてその後、もう一度黎明座が太鼓と笛で華やかに締めくくって下さいました。

D6FC1C63-957A-4C45-BBF4-6F10F8A62396

演奏環境は、沢山の高い木々に囲まれていて、目の前には小川が流れています。
今日は風もなく、気温もちょうど良く、演奏しやすい環境でした。

今回はマイクを使いましたが、音が自然の環境の中に溶け込んでいくような感覚になりました。

私にとっては、コロナの影響もあって2月以来の演奏ということもあり、演奏の機会をいただけたことに、大変感謝いたします。

主催の皆様や、お手伝いしていただいた皆様、黎明座の皆様、会場の皆様などに、御礼申し上げます。

名草イワナパークのWebはこちら
黎明座のWebはこちら




 
19 9月

久し振りの下合わせ。9月27日足利市で演奏します。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、本当に久し振りに、下合わせを行いました。
前回、下合わせを行ったのは2月3日。
そして、最後の演奏のお仕事は2月6日でした。

その後は、コロナの影響で全て中止、、、

また演奏の機会がいただけるというのは、自分の気持ちをポジティブにしてくれます。

で、演奏はいつかというと、

時:9月27日(日)12時30分から
所:名草イワナパーク(栃木県足利市)

詳しくはこちらを。


2020-09-19 16.11.26


今回の演奏は、チケットはなく、「名草イワナパーク」は入場料無料です。

ですので、会場内で聴くだけなら無料。
お時間がある方は、レストランでのお食事などをお楽しみながら、私共の演奏を眺めて下さい。

私の演奏は、山田流の黒崎喜子さんとの共演となります。
以前、「山田さんと生田くん」という企画でご一緒させていただきました。

今回は、「黒崎さんのソロ」「私のソロ」「二人の合奏」という流れとなり、13時30分ころには終わると思います。

また、こういったご時世ですので、屋外での演奏となり、演奏者との距離もあり、密を避ける内容となっております。ですので、マイクを使った音となります。

お時間のある方は、ぜひ「名草イワナパーク」にお出で下さい。

 
12 8月

「山田さんと生田くん」ご報告

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

昨日8月11日、高崎市のアトリエミストラルにて、「山田さんと生田君くん」に出演させていただきました。

コンサートタイトルの通り、箏曲の二大流派である山田流と生田流の共演。

山田流箏曲の出演者は、黒崎喜子さん。

コンサートの流れとしては、
お箏の歴史を解説し、八橋検校の「六段の調」を私のソロで演奏。

次に、お三味線の歴史や生田流の生まれた頃のことを解説し、三味線音楽の源流である地歌から「ままの川」を私のソロで演奏。

そして、黒崎さんから山田流の歴史を解説していただき、山田流と生田流の違いなどをお客様にご理解いただき、「八千代獅子」を合奏しました。
この曲は、同じ曲名の曲が山田流と生田流各々に伝承されていますが、調子の高さやメロディが異なっている部分が多く、各々のメロディを演奏すると合奏のようになりました。


38864866_1153978644774612_1188221355481366528_n


休憩を挟み、黒崎さんのソロで中能島欣一作曲の「睡蓮・向日葵」

その後は、私のソロで「輪舌」を演奏し、明治維新後の箏曲の流れと、宮城道雄先生の功績を解説させていただきました。

最後は、生田流では「新娘道成寺」、山田流では「鐘ヶ岬」と、同じ曲でも異なる曲名で伝承されている曲を、黒崎さんのお箏と私のお三味線で合奏しました。
お三味線の曲ができてから、それぞれの流派の方がお箏の手を作曲しているので、数カ所の微妙な違いはあるにせよ、合奏ができました。
歌のメロディはかなり違います。

いつもとは異なる歌を聴きながらの演奏というのは、慣れるまでちょっと大変でした。

38869787_449982525503183_799138640344121344_n


アンコールは、「さくらさくら」を演奏し、一部お客様にも歌って頂きました。

黒崎さん、お話しをされるときの声と歌の声にかなりギャップがあり、歌の声はとても太くて朗々としております。とてもいい歌を歌います。

この、山田流と生田流の共演という企画、たまにはありますが、少ないと思います。
お客様には、その違いなどを目で見て、解説を聞いて、曲で聴いていただけるように心がけました。
お陰様で、お客様からは大変な好評をいただき、私も励みになります。

現代において、邦楽のコンサートに足を運んでいただくことがかなり難しい状況になっています。
しかし、奇をてらった内容ではなく、企画をきっちりと立て、精一杯の準備を行い、邦楽のもつ魅力をお客様に伝えるべくコツコツと継続していけば、光は見えてくると信じております。

みなさん、ぜひ、一度は足をお運び下さい。

会場のアトリエミストラルさんのブログにも紹介していただきました。
こちらをご覧になって下さい。

S__58195970
終演後の記念撮影。
ちょっと疲れた顔ですいません、、、、

□公演日程□
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちらへ     
1 8月

山田流と生田流の共演

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

昨日、山田流の方と下合わせを行いました。

本番は、これです。


山田さんと生田くん-チラシ

8月11日アトリエミストラルで行われる「山田さんと生田くん」

昨日の合わせで実感したのですが、山田流と生田流で、同じ曲が伝承されていても、メロディがけっこう違います。
特に、歌のメロディーが異なると、いつもとは違う歌を聴きながらいつもと同じ手を弾くというのは、慣れが必要ですね。

歌がないところでも、掛け合い(お互いが似ているメロディを互い違いに弾く)の順番を調整したり、普段の相手とちがう手が聞こえてくるので、合わせるポイントを確認したりなどのことが必要でした。

ですので、合わせの時間も休憩なしでいつもの1.5倍くらいかかりました。
いつもは何気なく弾いていることを、今回のために変えて弾く、ということが必要なんです。

でも、なかなか聴くことのない合奏をお届けできます!
ぜひご来場下さい。

・日時:8月11日14時開演
・会場:アトリエミストラル(高崎市下小鳥町312-4)
・入場料:4,000円(割引特典あり)、高校生以下2,500円
・冷茶・お菓子(八つ橋)付き


当日は前橋花火大会が開催されます。
ぜひ、終演後はそちらにも足を運んでみて下さい!

ご予約お問い合わせ
・090-8047-3757(アトリエミストラル)
・027-212-7284(伝統邦楽振興会)
・webは
こちらから!


□公演日程□
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちらへ    
12 7月

8月11日「山田さんと生田くん」のご案内

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

「山田さんと生田くん」のご案内です。

・時:8月11日(土)14:00開演
・所:アトリエミストラル(高崎下小鳥町312-4)
・料金:4,000円(早めの予約で3,500円)、高校生以下2,500円
・冷茶・お菓子(八つ橋)付き

現在に伝わる箏曲の流派はいくつかありますが、
その中でも大きな流派は、生田流山田流でしょう。

違いは、爪の形や演奏する体の向き、伝わっている曲や、同じ曲でも内容が微妙に異なる、といった部分です。

そして、この2つの流派は、なかなか一緒に演奏することはありません。

でも、やっちゃいます!

山田流・生田流のそれぞれのソロの曲と、
合奏曲を組み合わせました。
そして、解説の中で、それぞれの流派の歴史や特徴などをお話しさせて頂きます。

出演
・山田流:黒崎喜子(高崎市生まれ、東京藝術大学卒業)
・生田流:鈴木創

演奏曲目(予定)
・六段の調
・ままの川
・八千代獅子
・睡蓮・向日葵
・輪舌
・新娘道成寺・鐘ヶ岬

ご予約などは、こちら

なお、当日は「前橋花火大会」が開催される日です。
終演後は是非、前橋花火大会に足を運んで下さい。
当日浴衣・お着物でご来場の方にはサービスがありますよ!


山田さんと生田くん-チラシ



□公演日程□
7月21日:夏の縁(竹久夢二伊香保記念館)詳しくはこちら
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちら

◇下記公演については、決定次第お知らせいたします◇
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)        
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ